PICK UP キャリアインタビュー

吉岡容子キャリアアイキャッチ

皮膚科医・吉岡容子先生に学ぶ専門をかけ合わせて強みをつくる方法

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてきたのかお聞きしました。

 Profile

吉岡 容子(よしおか・ようこ)

医療法人容紘会高梨医院副院長  皮膚科・美容皮膚科医師

東京医科大学医学部医学科を卒業後、麻酔科学講座入局。麻酔科退局後、明治通りクリニック皮膚科・美容皮膚科勤務。院長を務め、平成24年より医療法人容紘会高梨医院 皮膚科・美容皮膚科を開設。

高梨医院 皮膚科・美容皮膚科
https://www.takanashi-hp.com/hifuka/

浦和で80年。地域の人に慕われる医院の跡継ぎとして医学の道へ

2016年、実家の高梨医院2階に皮膚科・美容外科を開業。長女の吉岡さんが数年のうちに3代目を継ぐ予定だ。

祖父・父が医師。病院の上に自宅がある環境で育った吉岡容子さんだが、医師になろうと決意したのは遅かったという。

「一時期は宇宙飛行士になりたいと思ってました。空や航空関係に興味があったので、客室乗務員もいいかなとか。ですが高校2年生のとき父が大病をして、身近な人を助けられる医者になりたいと考えるようになりました」

父から医師になることを勧められた記憶はないと言うが、物心付く前から働く背中を見てきた中で、医学部進学は自然な進路だった。高校3年生から理系の勉強を始め、東京医科大学に入学。研修医修了後に選んだのは麻酔科だった。

「救急医療に興味があったので麻酔科を選びました。実家は三次救急指定病院で、現在私が皮膚科を開いている2階は病棟として使われていたんです。麻酔科医時代は実家でアルバイトしていました」

麻酔科医として働いた6年間は、残業・当直は当たり前。非番の日もオンコール待機で、とにかく忙しかったという。多忙な勤務の中で医局では助教の役職につき、専門医を取得した。

吉岡容子キャリア01

母になり、麻酔科から皮膚科医へキャリアチェンジ

キャリア転換を考えたきっかけは妊娠だった。

出産は32歳の時。当時は大学病院から民間病院に派遣され、常勤勤務だった。子どもはいつか欲しいと思っていたが、計画的ではなかった。両立できるか悩んだ時期もあったが、目の前にやるべきことが迫ると「意外となんとかなった」と言う。

「麻酔科医はすごく忙しい仕事です。人数が少ない上に、麻酔科医がいないとオペができないなど現場が回らない。なので妊娠中も通常通り仕事をしていました。無痛分娩で計画出産だったので出産の前日もオンコールでした」

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
むらかみみさと

むらかみみさと

BeDo編集長
ライター、エディトリアル・ディレクター
慶應義塾大学在学中からインタビューや取材活動をおこなう。複数の組織で文字を通したPR、プロモーション、コミュニケーションに従事。

おすすめ記事

奥村さんキャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

研修医修了後、医局を経ず美容外科の道へ。湘南美容クリニックで初の女性分院長を務め、第3子妊娠中の2020年8月に自身のクリニックを開業。パワフルなキャリアの根底には、強さだけでなく地道な努力と…

アイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

第一線で輝く女医のクロストーク。
今回は、自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされ…

吉岡容子キャリアアイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてき…

土屋佳奈先生キャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

入谷で「つちやファミリークリニック」を営む土屋佳奈先生。父から継いだクリニックを内科医の夫と二人三脚で経営し、2020年春には浅草に分院をオープン。大学病院勤務から結婚・出産を経て開業するまで…

-PICK UP, キャリアインタビュー
-, ,

© 2020 BeDo