PICK UP キャリアインタビュー

奥村さんキャリアインタビュー

美容整形外科医・奥村智子さんに聞くキャリアを開く思考と行動

研修医修了後、医局を経ず美容外科の道へ。湘南美容クリニックで初の女性分院長を務め、第3子妊娠中の2020年8月に自身のクリニックを開業。パワフルなキャリアの根底には、強さだけでなく地道な努力と細やかな気配りがあります。

臨床研修修了後、美容外科の道へ

小児科医の父をもつ奥村智子さんが医学部に進んだ理由は、「美容外科医になりたかったから」。

美容が好きでオペが好きな奥村さんは、人を美しくする仕事である美容外科医を目指した。

2009年に臨床研修を修了した後、都内の美容外科に就職する。
希望通りの進路ではあったが、同級生のほとんどが後期研修課程に進み、認定医を目指す中で異色の選択だった。

「学生の頃から美容外科を志望していたので、研修医2年目のときから医局見学と平行して美容外科クリニックへの就職活動をおこなっていました。当時は今以上に、いきなり美容外科の道に進むことは否定的な風潮がありましたね」

大学病院の形成外科や皮膚科の医局も選択肢にあったが、美容のエッセンスが入れにくい点に不満があった。保険診療をおこなう医師は、保険に縛られてしまう。傷や病を治すことはできても、より美しく、理想の自分を目指す人を助けることは難しかった。

「患者さんは自費で高額な手術費用を支払われますし、理想を持って来院されるのでプレッシャーはあります。そのぶん、患者さんに感謝される仕事です。喜ぶ姿を見ることがとても嬉しくやりがいを感じます」

医師の働き方を見るほど近い将来に待つ、結婚・出産というライフイベントとの兼ね合いに難しさも感じた。

若手医師の生活はハードだ。2年間の研修医生活を終えた後も、一人前と言われる専門医を取るまでに順当に行っても5年かかる。そのときには30歳間近。

奥村さんが志望した外科系の科目は男社会である。朝6時から深夜まで働くのは当たり前。当直もある。自身のハードワークはもちろん、ギリギリの人員の中で妊娠・出産となったときに周囲への負担も気がかりだった。

「30歳で結婚して、32歳で第一子を産むという目標がありました。医師としての夢とキャリア、個人としての幸せを両立できる美容外科医を選択しました。仕事はとてもやりがいがあって楽しいです。美容外科医として成長するのは、他の科目と変わりません。まずは初歩的な仕事から学び、経験を積みながら徐々に高度な手術も担当できるようステップアップできます。ただ、手取り足取り教えてもらえるわけではないので休日出勤をして他の医師の手術を見学したり、常に自己研鑽を心がけてきました」

美容外科医は技術とセルフプロモーションが不可欠

奥村さんが美容外科医になった10年前は、美容外科の女医のロールモデルが少なかった。

「当時から、美容外科医は宣伝のため自分の技術や人柄を発信することは重要でした。アメーバブログが全盛期だったので、仕事の合間を縫って1日3記事以上アップすることもありましたね」

地道な発信が奥村さんの人気につながっている。

現在もTwitter、インスタグラム、tiktokも使いこなす。SNSによって、ユーザーの年齢層や特色が異なる。幅広い層にアプローチするには、取れるあらゆる接点をもつ必要がある。正しい情報を発信するために、広告ガイドラインの把握も必須だ。

奥村さんは、症例写真だけでなく、人間性やライフスタイルが垣間見える投稿を重ねる。奥村智子個人のファンができることで、来院する時点で手術をやる気になっているのだ。

「投稿内容やメディアは工夫しますが、一番大切なものは技術です。技術を磨いた上で、患者さんに関心を持ってもらうために私自身のことを発信します」

本取材の様子(奥村さんのinstagramより)

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
むらかみみさと

むらかみみさと

BeDo編集長
ライター、エディトリアル・ディレクター
慶應義塾大学在学中からインタビューや取材活動をおこなう。複数の組織で文字を通したPR、プロモーション、コミュニケーションに従事。

おすすめ記事

奥村さんキャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

研修医修了後、医局を経ず美容外科の道へ。湘南美容クリニックで初の女性分院長を務め、第3子妊娠中の2020年8月に自身のクリニックを開業。パワフルなキャリアの根底には、強さだけでなく地道な努力と…

アイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

第一線で輝く女医のクロストーク。
今回は、自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされ…

吉岡容子キャリアアイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてき…

土屋佳奈先生キャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

入谷で「つちやファミリークリニック」を営む土屋佳奈先生。父から継いだクリニックを内科医の夫と二人三脚で経営し、2020年春には浅草に分院をオープン。大学病院勤務から結婚・出産を経て開業するまで…

-PICK UP, キャリアインタビュー
-, ,

© 2020 BeDo