PICK UP キャリアインタビュー

吉岡容子キャリアアイキャッチ

皮膚科医・吉岡容子先生に学ぶ専門をかけ合わせて強みをつくる方法

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてきたのかお聞きしました。

一般医療に取り組んだ経験は美容医療にも活きる

同じ医師とは言え、専門が異なればゼロベースで勉強のやり直しだ。だが、最初から皮膚科・美容皮膚科に行けばよかったとは思わないという。

「私は麻酔科で6年間勤務し、専門医を取得しました。全身管理・危機管理ができることは大きな武器です。事実、当院はこれまで医療事故がゼロです。看護師は外科や救急外来の経験者が多いので、患者さんの変化をいち早く察知してくれます」

美容クリニックを利用する人が増える中で誤解されることもあるが、美容皮膚科での治療はノーリスクではない。重大な後遺症や、命に関わる副作用が起こることもある。

「私やスタッフは治療中のシグナルを見逃しません。リスクの高い患者さんの見極めも自信を持ってできます。美容皮膚科は『ちょっとした治療』と思われることもありますが、全身に影響が及ぶこともあります。その怖さと、万一の時の対処法を知っていることは患者さんにとって大きな安心だと考えています」

医師がファーストキャリアで美容医療を選ぶことには危機感があるという。何かの専門医を持って、美容の道へ進むことが本人にとっても自信になるのではというのが吉岡さんの考えだ。

「年齢やタイミングなどもあると思いますが、何かしら専門医を取ってから美容医療に進んだほうが、長い目で見ていい治療ができるというのが私の考えです。皮膚科や形成外科ならベストだと思いますが、内科でも眼科でも。専門分野について深く学んだ経験は、本人にとって自信になるのではないでしょうか」

吉岡容子キャリア3

吉岡先生の医師・母・妻としての生き方についてはこちらから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むらかみみさと

BeDo編集長
ライター、エディトリアル・ディレクター
慶應義塾大学在学中からインタビューや取材活動をおこなう。複数の組織で文字を通したPR、プロモーション、コミュニケーションに従事。

おすすめ記事

PICK UP キャリアインタビュー

2020/9/30    ,

今回お話を聞いたのは、脂肪吸引・注入のスペシャリスト・ボァイエ真希子先生。慶應義塾大学を中退し国立大学医学部へキャリアチェンジ。研修医修了後、入職直後に産休を取得するなど異色の経歴を持つ美容外…

玉城・長尾

PICK UP ライフスタイル

2020/8/26    

自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされた長尾沙也加先生のクロストーク。女医として、開業医とし…

奥村先生ライフインタビュー

PICK UP ライフスタイル

2020/8/17    ,

2020年8月、第3子出産直前に自身のクリニックをオープンした奥村智子医師。美容外科医としてキャリアを築きつつ、結婚・出産というライフステージを迎える女性にとって激動の時期をどのようなマインド…

秋田先生2アイキャッチ

PICK UP ライフスタイル

2020/10/27    ,

美容医療クリニック院長を務める秋田護先生。ビジネスやコーチングなど、医療以外の分野でも能力を発揮されています。好奇心と行動力をもって進んできた日々やこれからの夢を2020年8月にオープンしたバ…

-PICK UP, キャリアインタビュー
-, ,

© 2022 BeDo