マネー

藤井税理士のマネー講座

医師の資産運用

医師の資産運用は費用対効果を重視。支出の見直しも効果的

収入が高く、かつ多忙な医師が軽視しがちな「資産運用」。しかし、将来のリスクへの備えは重要です。
これから資産運用をはじめる医師が、まず知っておくべき事柄を税理士がレクチャーします。

資産運用の必要性

医師は一般的な職業と比べて、高収入かつ安定収入のある職業です。
そのため、お金に困ることも少なく「資産運用は収入の低い人が必要とするものでは?」といった疑問を持つ医師も少なくないでしょう。

しかし、非常に激務であるということ。
患者の健康や生命を扱う非常にストレスフルな職業であることから、高い水準の仕事をずっと続けていくことは簡単ではありません

たとえば、激務であることから体を壊してしまい仕事を続けられなくなることも。
ハイプレシャーな中で、高水準な仕事を長時間続けることに、限界を感じる場合もあるかもしれません。

そこで解決の一助を担うのが資産運用です。
資産が資産を生む仕組みを作っていれば、万一、仕事を続けていくことができなくなったとしても収入は資産運用がフォローしてくれます
仕事を調整して時間を作ったとしても、収入の減少を資産運用でカバーできるのです。

働けなくなった時のリスクヘッジや自分の時間を作る必要性から、医師であっても資産運用を活用する必要があるのです。

ただし、基本的にはリスクヘッジに対してもっとも効果的なのは保険の活用になります。
……細かいお話は次回以降に。

今回は税理士の立場から、「資産運用の基本」をお伝えします

資産運用の種類を知り、適切な資産配分を心がける

資産と言っても、種類や性質はさまざま。
このバランスを間違えると、せっかくの資産運用の効果がなくなってしまうケースもあります。

資産運用の種類

資産運用には株式、FX、債券、不動産などなど沢山の種類があります。
いろいろありますね。

それらを特色で区分してみましょう。

流動性の高いもの・・・上場株式、FX、債券、投資信託など
流動性の低いもの・・・不動産、未上場株式など

流動性とは、すぐに現金化できる性質のことです。

上場株式などは、証券市場ですぐに現金にすることができますが、不動産や未上場株式はそういうわけにはいきませんね。

自分の時間消費の大きいもの・・・上場株式、FX、未上場株式など(運用の仕方によりますが……)
自分の時間消費の小さいもの・・・不動産、RIET、債券など(これも運用の仕方によりますが……)

そのほか区分の仕方として、

回収期間の短いもの or 長いもの
元本保証のあるもの or ないもの

などあります。
今回は将来のリスクヘッジ自分時間のゆとり作成を目的としている流れから、このように区分してみました。

ご自身の置かれている状況によって、アセットアロケーション(資産配分)を決定するうえでかなり重要な要素となります。
近いうちに必要となる、お子様の学費などを流動性の低い資産に回してしまわないよう、計画的に資産運用をおこないましょう。

資産運用は「時間」も軽視できない

よくある失敗ですが、投資の種類を間違えて、ご自身の時間が無くなってしまわないように気を付けましょう
普段の仕事が忙しいのに、大きいリターンを期待してデイトレに没頭して睡眠不足とか、駄目ですよ。

医師は普段の収入が大きいのですから、小金を追いかけて時間を浪費するのではなく、小金でも時間を浪費しない投資を優先するべきです。
自然と、ご自身のおこなうべき投資の方向性が見えてきたのではないでしょうか。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
藤井 健

藤井 健

税理士・東京タックスコンサルティング代表取締役
2003年株式会社大原学園税理士講座法人税法講師、2007年新日本アーンストアンドヤング税理士法人(現EY税理士法人)を経て、2012年東京タックスコンサルティング設立。
顧客に対して節税対策や税務調査対応を中心としたアドバイスに加え、キャッシュフローの改善や企業体質に応じた資金調達アドバイス提供サービスを実施
趣味はサーフィン、渓流釣り、キャンプ(ブッシュクラフトインストラクター資格取得予定)

おすすめ記事

奥村さんキャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

研修医修了後、医局を経ず美容外科の道へ。湘南美容クリニックで初の女性分院長を務め、第3子妊娠中の2020年8月に自身のクリニックを開業。パワフルなキャリアの根底には、強さだけでなく地道な努力と…

アイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

第一線で輝く女医のクロストーク。
今回は、自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされ…

吉岡容子キャリアアイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてき…

土屋佳奈先生キャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

入谷で「つちやファミリークリニック」を営む土屋佳奈先生。父から継いだクリニックを内科医の夫と二人三脚で経営し、2020年春には浅草に分院をオープン。大学病院勤務から結婚・出産を経て開業するまで…

-マネー
-, ,

© 2020 BeDo