マネー

藤井税理士のマネー講座

医師の不動産節税

多忙な医師こそ不動産投資で節税を。メリットと注意点紹介

不動産投資は多忙な医師にとって魅力的な節税・資産運用方法。どんなメリットが期待できるのかを解説します。
ただし、投資である以上リスクはつきもの。物件の見極めと投資計画は不可欠です。

医師の不動産投資は黒字でも赤字でもメリット大

ちょうどこちらの記事を書いている時期は梅雨の真っただ中で、毎日雨が降っております。
じめじめと嫌な天気が続きますが、この時期は梅雨前線が海の波をつぶしてしまい、サーフィンをするにも良くないコンデションが続いています。

例年この時期は山に渓流釣りに行くのですが、先日携帯の電波も届かない山奥で釣りをしてきました。
早朝から夜まで釣って釣果はイワナが2匹。。。
往復の高速代約7,000円、なくしたルアー3つで約4,500円、ガソリン代約3,000円、合計14,500円。。。イワナ一匹約7,000円。。。高い。。。

さて!今回は効率的なイワナ、ではなく、将来の安心につながる不動産投資のお話です!

不動産投資で節税できる理由

ところで、不動産投資をおこなうと、なぜ節税できるのでしょうか?

最初に、不動産投資で節税する典型的なパターンを紹介しましょう。

まず銀行からの借り入れで、不動産物件を購入します。
その後、受取家賃によって銀行の返済をおこないます。
受取家賃の金額より支払利息や減価償却費の金額が上回る、つまり「赤字となる」ことで節税効果が生まれます。
本業の給与所得とこの赤字をぶつけることにより、結果として税金が還付されるのです。

ただし、これには内容を正しく理解する必要があります。

必ず節税できるわけではない

誤解してはいけないのは、「節税になるケースもある」、つまり「節税効果がない場合もある」ということです。
条件の良い好物件を購入した場合、赤字にはなりません。よって節税にはなりません

が、好物件は納税額以上に財産形成に役立つので、投資自体のメリットはあります

不動産投資で赤字になっても、医師のように所得が高い方は節税効果を得られます。
赤字にならなくても資産として価値はあるので、どちらにしろメリットがあると言えるのです。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
藤井 健

藤井 健

税理士・東京タックスコンサルティング代表取締役
2003年株式会社大原学園税理士講座法人税法講師、2007年新日本アーンストアンドヤング税理士法人(現EY税理士法人)を経て、2012年東京タックスコンサルティング設立。
顧客に対して節税対策や税務調査対応を中心としたアドバイスに加え、キャッシュフローの改善や企業体質に応じた資金調達アドバイス提供サービスを実施
趣味はサーフィン、渓流釣り、キャンプ(ブッシュクラフトインストラクター資格取得予定)

おすすめ記事

奥村さんキャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

研修医修了後、医局を経ず美容外科の道へ。湘南美容クリニックで初の女性分院長を務め、第3子妊娠中の2020年8月に自身のクリニックを開業。パワフルなキャリアの根底には、強さだけでなく地道な努力と…

アイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

第一線で輝く女医のクロストーク。
今回は、自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされ…

吉岡容子キャリアアイキャッチ

PICK UP キャリアインタビュー

さいたま市浦和駅至近の『高梨医院』副院長を務める吉岡容子先生。現在は皮膚科・麻酔科医として開業されていますが、麻酔科専門医でもあります。2つの分野に明るい吉岡先生はどんなキャリア選択をされてき…

土屋佳奈先生キャリアインタビュー

PICK UP キャリアインタビュー

入谷で「つちやファミリークリニック」を営む土屋佳奈先生。父から継いだクリニックを内科医の夫と二人三脚で経営し、2020年春には浅草に分院をオープン。大学病院勤務から結婚・出産を経て開業するまで…

-マネー
-

© 2020 BeDo