PICK UP キャリアインタビュー

細井龍

美容外科医・細井龍先生が目指す美容医療クリニックの姿

2020年3月に渋谷・MIYASHITA PARKの向かいに『アマソラクリニック』を開業した細井龍先生。病院の形成外科勤務のかたわら美容外科クリニックで研鑽を続けた日々、美容医療業界をクリーンにするため正しい情報を発信するモチベーションについて伺いました。

根性と地道な継続でスキルと自信を身に着ける

医学部受験、学生生活、形成外科医・美容外科医としての研鑽。数々の目標を達成できたのは、自分を追い込めるマインドを持っているからだ。大学時代は、歌舞伎町のホストクラブでアルバイトした経験もあるという。そこで出会った人たちに、自分が恵まれた環境であったことを気付かされた。

「僕たち恵まれた側は、ハングリー精神を持っている人に負けると思いました。裕福な家に生まれて、いい学校に入って就職して高い地位にいても、それは単に育ちが良かっただけ。根性も野心もある人に勝てるはずないですよね。僕は『恵まれた立場だけどなんの影響力もない人間』になるつもりはありませんでした」

形成外科をベースに、基本技術を体得してきた細井さん。スキルを高めるためには、繰り返し手技をこなし、技術とロジックを体得していくことが必要だという。先輩医師の手術を録画し技術を学び、年間1,000例を超える施術をこなしてきた。同世代の医師と勉強会もおこなっている。

「二重の全切開など、簡単なようで奥が深い手技は多くの医師がぶつかる壁です。10年経験を持った医師が最近理解できたというような技術を学ぶことが可能なら、10年先取りできますよね。真似しながら何度も練習することでスキルを高められるんです」

細井龍

「僕は師匠が道を作ってくれました。師匠である前田先生の雑用もこなしながら技術を学び、難易度の低い手技から骨切りまで経験を積んできました。このような環境がない場合は、教育体制が整っているクリニックでスキルを身につけることを推奨します。ノンキャリアで美容外科医を目指すなら、教育体制でクリニックを選択すべきです」

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むらかみみさと

BeDo編集長
ライター、エディトリアル・ディレクター
慶應義塾大学在学中からインタビューや取材活動をおこなう。複数の組織で文字を通したPR、プロモーション、コミュニケーションに従事。

おすすめ記事

PICK UP キャリアインタビュー

2020/9/30    ,

今回お話を聞いたのは、脂肪吸引・注入のスペシャリスト・ボァイエ真希子先生。慶應義塾大学を中退し国立大学医学部へキャリアチェンジ。研修医修了後、入職直後に産休を取得するなど異色の経歴を持つ美容外…

玉城・長尾

PICK UP ライフスタイル

2020/8/26    

自由が丘・溝の口で2つのクリニックを営む玉城有紀先生と、2020年8月1日六本木に『THE ROPPONGI CLINIC』をオープンされた長尾沙也加先生のクロストーク。女医として、開業医とし…

奥村先生ライフインタビュー

PICK UP ライフスタイル

2020/8/17    ,

2020年8月、第3子出産直前に自身のクリニックをオープンした奥村智子医師。美容外科医としてキャリアを築きつつ、結婚・出産というライフステージを迎える女性にとって激動の時期をどのようなマインド…

秋田先生2アイキャッチ

PICK UP ライフスタイル

2020/10/27    ,

美容医療クリニック院長を務める秋田護先生。ビジネスやコーチングなど、医療以外の分野でも能力を発揮されています。好奇心と行動力をもって進んできた日々やこれからの夢を2020年8月にオープンしたバ…

-PICK UP, キャリアインタビュー
-, ,

© 2021 BeDo